眺めせしまに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS British Embassy Villa Memorial Park

<<   作成日時 : 2017/06/19 00:09  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

遂に、行って参りました。

旧英国大使館別荘。

現在の正式名称は『英国大使館別荘 記念公園』

ニコクリ、いやニコファビが訪れた彼の地。

いろは坂を登っていく途中から、テンションが上がってしまって

もう、現実とフィクションが交錯して

尋常じゃありませんでした(^_^;)

一緒に行った家人に挙動不審なのを気取られないように

平常にふるまうのが大変でした(^_^;)

駐車場から遊歩道を10分程歩いて

門を抜け目の前に黒い建物が目に入った瞬間

「来たぁ〜〜〜!!!」でした。

画像




数年前にイタリア大使館別荘記念公園を訪れた時に

一部目に入っていたボロボロ状態だった建物と打って変わって

今は美しく復元され、パーフェクトなたたずまいの

黒い別荘に鳥肌が立ちました。

これ、エリザベス女王にも見ていただきたい!!!と思いました。

そうしたらば、エントランス入ってお部屋の直前に

小さめですが、ちゃんと陛下のお写真が飾ってありました。

さすが、抜かり有りません(^_^)v

画像



一階の中禅寺湖が見渡せる廊下は全て窓が開け放たれていて

素晴らしい眺望が!!!

しばし、ソファーに座り込んで動けませんでした。

本当に絵に描いたような風景が。

余計な人工物が目の前に何も無いのですから

自分がいつの時代の何処にいるのか分からなくなる

自然の中に取り込まれている感を味わえる

素晴らしい場所でした。

画像


こんな素敵な所に別荘を建てて、住んでいらしたのですから

本当に羨ましいことで。



通常午前9時から午後5時までしか滞在できないので

そんな限定だと勿体無いので

ここで、年に一度くらい、寝袋持参のお泊り会を開催して欲しい位の

文句のつけようが無いロケーションです。

2階では英国式ティータイムが体験できる

喫茶コーナーがありました。

少々お値段が高かったですが

セットで1500円也。

オリジナルスコーンとヨークシャーティーで

優雅にお茶もしてきました。

スコーンも紅茶も大変美味しかったです。


ニコファビが潜入した残り香は全然発見できませんでしたが

昔の別荘のお写真は展示してあったので

脳内トリップしてしまいました(^_^;)

美しく生まれ変わったこの地に

再び彼らに訪れて欲しいものです(^_^)v


そして、展示物の中に凄いイケメンさんを見つけて

それがアーネスト・サトウの若い時のお写真でした。

画像



実は最近知ったのですけど、某ゲームのキャラにアーネストさんいらっしゃるのですね(^_^;)

私は全然足を踏み入れたことのない世界なので

彼の名前を見つけた時は驚愕しました(^_^;)

自分の事は棚に上げてですけれど、日本人って節操が無い・・(^_^;)


それにしても別世界だった・・・。

当時にしたって、相当な財力が必要だった訳で

大英帝国のパワーを改めて見せつけられました。

当時の平面図も展示してあって

ちょとダウントンアビーが脳裏をよぎりもしました(^_^;)

メイドの部屋、運転手の部屋とか。

ここを使わせてもらって英国ミステリー原作のドラマとか

作れそうでもありましたね(^_^)v


画像



今の時期、リニューアルされた日光東照宮観光に

訪れていらっしゃる方々がとても多くて

二社一寺の辺りはとっても混雑していました。

そのせいか、案外と旧英国大使館別荘は空いていました。

とってもゆったりと風景を満喫できました。

大使夫人にでもなった気分で、最高でした。




画像

      このソファーでニコラス達がくつろいでいたら・・とか
      妄想してしまいました(^_^;)




本当に、帰りたくなかった、素晴らしい眺めで・・。

画像




Benプライベートで日光に来ないかなあ?





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
British Embassy Villa Memorial Park 眺めせしまに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる