拾いものしちゃった

『プロテージ 偽りの絆』という香港映画を見ました。

本来の私なら選択肢に入らない作品なのだけど、

目的は、古澤さんの、お声でしたから・・・(^_^;)

つまらなかったら、古澤さんの美声のみを堪能して、

早送りしちゃおう~、なんて思っていたらば、

とんでもありませんでした。

見終わって、暗~い気分になってしまったけど、

とっても、見応えのある作品でした。

ごめんなんさい<(_ _)>、侮ってました。

香港ノワール、恐るべし

名前だけは知っていた、アンディ・ラウのクァン役が古澤さん担当。

主役、ニック役のダニエル・ウーという役者さんは全然知らない役者さんだったけど、

イメージ的には、香港のキアヌ・リーブスって感じ???

潜入捜査官って役柄が『ハートブルー』みたいだったし、

ブルーの制服姿が素敵で、若かった頃のキアヌを思い出してしまってました。

それにしても、麻薬が絡むお話は、ほんと苦手です。

恐ろし過ぎます~

あ~、でも恐ろしい中でも、何でか、バランス悪く笑えるシーンがあったりして。

一つが、右手がチョンっ!って、とこと、

飛べ!!!と言ったら、本当に飛んで墜落死してしまうとこ・・・。


あそこは、笑ってはいけないシーンだったのかしら?

私が過剰反応しすぎ???


妙にホラーや幻想的だったりする所と、

リアルな展開に、不思議な感触を覚えて

動機が不純だったけど、得しちゃった気分でした。


さて、お目当ての古澤さんの美声ですけど、



『 製造元は双頭の獅子、

モルヒネからだと製造に手間がかかってな。

うちのは純度が
高い。

だから利益を上げたくて

ブドウ糖とかの混ぜ物をする売人も多い
ようだ。

とにかく、うちのは上物だ。 』



相変わらず、凄みの中にも色気のあるお声で、素敵です。

でも、やっぱり、麻薬の売人の大ボスですから、

ニコラスのトーンとは、ぐっと違います。

少々、下卑た感じが有ります、流石、古澤さんですぅ


糖尿病を患っている設定な役柄なところも、

哀しげで・・・

でも、久々に、ず~っと古澤さんのお声を堪能できて、

嬉しかったな~。今度はイイ人の役柄で聞きたいな~



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック