ラークライズ S1 epi 7 & 8

やっぱり、ドーカスとティモシー卿の間には、色々とあったのね~。

樫の木の下でのkissとか・・・。あらまぁ~・・・

エピ7と8で、ドーカスの哀しい思いに触れて、涙してしまいましたわ・・・

でも、二人とも、ズルズルと思いを引きずってきたのって、

ま~、ドーカスは独身だからいいけど・・・、

プンプン来たのは、ティモシー卿よね~っ

ったく~、ドーカスの手に触れようとしたりして、も~も~!

アデレイド夫人のセリフは、とっても秀逸でしたわよ。

エピ7での「暴力を振るわずに、妻を傷つける夫もいるのよ」

うんうん、と頷いたわ~(^_^)v アデレイド、もっと言ってやれ~っ!!!って、

大賛成

エピ8での「女を怒らせると、怖ろしい復讐が待っている」、

これまた、やんや、やんや~っ

母親になろうとする女性は、強くなるわよね~(^_^)v

ドーカスが吹っ切れないのも分かるけど、

妻帯者のティモシー卿が、一番悪いと思うもの~。

デラフィールド先生を遠くへやってしまう事に手を貸したあたりも、

ドーカスに男ができることを良しと思わないからでしょう~っ

ま~、思い出の樫の木の『TとD』の字が刻まれた部分を燃やせと言ったから、

さすがに、決別の気持ちを持ったのかな?

しっかし、あれ、アデレイドさんは、気付いていたのかな?

あんなにデカデカと彫ってあって、随分よね~。

刻んだ当初は小さくても、樫の木の成長に伴って、

あんなになったという事なんでしょうけど・・。

妻と、元恋人の前で、樫の木の話題を振ってしまう無神経さも、キライよ~っ!

一触即発の4角関係は、とりあえず、崩壊したようだけど、

ドーカスが、可哀想でね~。彼女には幸せは来ないのでしょうか?

英国ではシーズン3まで放送になったとかで、

ベンのラシュトン氏はあれっきりなのぉ?

毎年来るって言ってたのに~。

って事は、デラフィールドさんは、再び来る事はあるのかな?

ドーカスとkissまでしたのにデラフィールド氏を、それっきりでは、余りにヒドイ・・・

彼が戻ってきたら、ハッピーエンドになって、シリーズも終了になるかな?

そうそう、両手に花のローラの三角関係もどうなるのかなあ?



それにしても、小さい村と町だと、ほんと、全てにおいて筒抜けで、大変よね~。

ストレス堪るわよ~。

そういえば、何で、ジラーってば、デラフィールド氏の事、

あんなに気に入らなかったのかしら???



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック