『スター・トレック カーンの逆襲』

この作品は『スタートレック イントゥ・ダークネス』

と関連があるので

未だ『スタートレック イントゥ・ダークネス』を鑑賞されていない方は

読まないことをお薦めいたします。

ネタバレがたくさん入っていますので。。。(^_^;)












『スター・トレック イントゥ・ダークネス』スペシャル・プレビューを見て

ベネ君演じる、ジョン・ハリソンの正体は

カーンだったことが判明。

映画タイトルは旧知だけど中見は未見だったので

借りてきました。

まず、一番の感想が、旧シリーズって

こんなにも、まったり、ゆる~りだったのね?って事。

余りに刺激が弱くて、4回も寝落ちしてしまって

その度に戻らなくてはならないという・・・(^_^;)

いいのか悪いのか、BGMが極力少ない・・・。

SFなのに、なんかSFぽさが緩い・・・(^_^;)

カーンのキャラは、アメリカンネイティブみたいな雰囲気で

マッチョな胸筋に目がどうしても釘付け~。

あれは、ボディスーツですよね~?

さすがに御本人ではないですよね?

顔と身体がアンバランスで、でもそこがイイのか?

当時としては、なかなか個性的な悪役キャラですが

現代に生まれ変わったベネ君のカーンを先に見てしまうと

少々厳しいですう(^_^;)

ただ、お亡くなりになってしまうんですね~。

そして、驚いたのがスポックもお亡くなりになってしまう\(◎o◎)/!

てっきり、生き返るのかと思ったのですが。

でも、そうすると、この映画の続きがあったはずだから

やっぱりスポックは、生き返る???

パラレルワールドかなんかかな?

それにしても『STID』では泣けませんでしたが

こちらでは、スポックが亡くなるシーンで泣けましたよ。

カーク船長との熱き友情に。

やっぱりメンバーがベテランだもん、上手いわよ・・。

ごめんね、カーク(注:クリス・パイン)

しかし、旧作見て思うのが

本当に、リブート版とは、話の流れるスピードが全然違うって事。

旧作品をずっ~と見続けてきた、熱烈ファンの方にしてみると

『STID』は『スタートレック』とは別物・・・位な気持ちを持ちそう。

それ位に、『STID』は、ジェットコースター的SFアクション大作になってる。

いいのか、悪いのか、とりあえず眠くはならないJ.J.作品のが

ワタシには合ってるのかな?








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック