『 秘密 THE TOP SECRET 』

私は漫画家、清水玲子先生のファンです。

もう高校生の頃からだから、凄い年数に・・(^_^;)

で、この『秘密』ですが、アニメ化になった時の感想も

「・・・・・・・・・・・・・・」で

次に実写映画化の報道が出た時

「えええ!!!・・・まだアニメ化の方が良かったのでは」

とか思ってました。

見に行くか、見に行かないか、当日まで悩んでました。

見た方の余りに厳しい評価が多かったし

どう考えても、原作ファンが受け入れられない映像が

予告編で既に流れていたので。

アレが一番に、「何でだ!!!」という

コードみたいのを脳と被見者で繋ぐという。

映画的にはあのビジュアルの方がインパクトあるから

実施したかったんだろうけど。

そこが肝では無いはずなんだけどな・・(>_<)

さて、実写となると、どうしても原作のビジュアルとの違いが・・。

でもまあ、あんな薪剛みたいな人いませんから、世の中に。

青木も鈴木も薪も、その他も配役に文句は全然ありません。

強いて言うと、岡部さんをもっと良い立ち位置に置いて欲しかった。

そこは原作ファンだから仕方がないか(^_^;)

あの大森さん演じる真鍋、本来なら大森さんが岡部で良かったのに。

それと、二つのエピを繋ぐ役目だったのだろうけど真鍋って

必要だったか?て存在に(^_^;)

それと、考えてみたらば、私、大友啓史監督の映画って

初めて拝見しました。

NHKのテレビドラマしか知らない人で。

だからか、展開が遅く感じられて・・。

これ連続ドラマのスピード感なんじゃないの?って。

だから特に前半が眠気を催す最悪な展開に(^_^;)

映画館の椅子の中でモゾモゾしたくなる、じれったさも。

それと、貝沼の恐ろしさが今一つ伝わらなかったのは何故か?

う~~~ん、これについては、吉川さんだと、やっぱり薄気味悪さが

今一つ弱かったかなあ(>_<)

鈴木の最後の脳内映像のシーンは、とても美化してあって

そこだけは救いだったかな。

頑張って映像化したんだから・・と少しの期待もあったんけど

結果は・・・非常に残念でした。


画像

        コレが、これじゃないのよ・・(>_<)








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック