『ドクター・ストレンジ』

不安が的中してしまったようです(^_^;)

私は余りアメコミ系の映画が得意ではありません。

映画館で過去数本しか見たことありませんし

テレビ放送やDVDとかでも、『バットマンシリーズ』

『スパイダーマン』数本くらいで。

最近のマーベルには、特に食わず嫌いが激しくて

全然良さが理解できてない人です(^_^;)


なものだから、ベネ君が見事に主演されている

『ドクター・ストレンジ』にも非常に危機感を持って鑑賞に出掛けました。

彼が主演で無ければ絶対に見に行かなかった類の作品です。

キャラクター自体や、度肝を抜かれる究極の映像の数々には

本当に魅了されました。

3Dで見れば良かったなあと後悔した位の

あの街並みがグルグルと廻るシーンなんて、拍手喝采ものでした(^_^)v

同じ魔法系でも、透明マントとは全然違う(^_^;) 懐きまくって助けてくれる

非常に可愛らしい相棒となる赤マント!!!

あれのビジュアルが特にベネ君に似合ってて惚れ直しましたね~。

ドクター・ストレンジの役柄にピッタリとハマってるだけに

ストーリー展開に、物足りなさが凄く残ってしまって

見終わってから、近年稀に見る残念な作品となってしまいました(>_<)

何であんなにラスト辺りが締まらないお話を作ってしまったかというのは

多分、続編の存在があるからなのか・・。

医者だから人を殺したくないという設定も

足枷になるし。

キャラ立ちしてるだけに、余計に宙ぶらりん状態な出来具合で

思い切りガックリでした。

何か、こうじゃない、期待したのはこういうのじゃなくて

もっとスッキリと終わるのが見たかったのかも?

ベネ君ファンからすると、彼の良さを活かしきれてない感が強い?

こんなのが見たかったんじゃない!もっと面白く出来たでしょう?!

って不満というか。

笑いを取る?取ろうとしてる?シーンも苦笑いにしかならなかったし。

アメコミ系を普段楽しく見てる方々には面白く見れたのかな?

だとしたら、自分にとっては仕方のないことだったと思うしかありません。


画像


    このビジュアルなんか、めっちゃ、カッコイイ~~~(≧▽≦)  

    だけど・・萌えないのは何故だぁ~(>_<)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック