テーマ:イマジカBS

ケヴィンのバカ・・・(T_T)

ケヴィンがゲイらしい?っていうのは遥か昔から知っていたけど でも、ここにきて、過去の悪事が明るみに出てきて 事態が大きくなってしまい 私の大好きなドラマ『ハウス・オブ・カード』に影響が出ることに・・(>_<) https://www.cnn.co.jp/showbiz/35110306.htm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 ハウス・オブ・カード 』  S4  #9

なんか、あれよ、あれよとクレアったら副大統領になってしまうの? びっくりな展開です(^_^;) にしても、フランクの二枚舌っぷりに、毎回アラアラ・・(^_^;) みんな、どうしてそう簡単に騙されるんでしょうねえ?(^_^;) もう、普通は学習してもいいと思うのですけど?(^_^;) そして、色々と導火線があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 ハウス・オブ・カード 』  S4  #8

私のミーチャムロスを未だにえぐってくれる #8 話でした(T_T) ミーチャムの手形、塗りつぶされてしまったのね(T_T) ヒドイ・・・と思った。 そりゃ、ホワイトハウスに手形のイタズラ書きを残せるかといったら 無理でしょ~って、分かってるんだけどね、分かってるんだけど どうせ、絵を飾って見えない場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 ハウス・オブ・カード 』  S4  #5

もうもう・・どんだけミーチャムが恋しいのか・・(T_T) オープニングタイトル見てるだけで、 今週から彼はいないんだな・・ とか思ってたら、涙ポタポタ落ちるほどに重症(T_T) なもんだから、フランクの御先祖様が病室に出てくるという フランクの見てる幻覚症状のシーンがあったのだけど その御先祖様が、ミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 ハウス・オブ・カード 』  S4  #4

ミーチャムロスがヒドイのですけど・・(T_T) 私のミーチャムを返して・・・(T_T) ここ最近の、フランクとクレアの泥試合を見せられるのを あぁ~うぅ~・・と思いながらも、何とか耐えて来られた一因に ミーチャムの存在があったというのに・・(T_T) 彼の存在は、最近は完全に癒しの存在になってたのに・・(T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハウス・オブ・カード』 S4 #2

あれよ、あれよ・・とシーズン3が終了して 続いてシーズン4の放送が始まりました。 イマジカさん、ありがとうございます。 それにしても、クレアとフランシスの泥仕合が凄まじくて 話的には面白いけれど、何かこういうのを見たかったんじゃない・・ って感想なんですけど(^_^;) ここまでこじれてしまった夫婦関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハウス・オブ・カード』 S3 #12

日記が表舞台に晒されそうになってクレアが激しく動揺。 そりゃそうだけど・・(^_^;) ただ、それはダグの対ダンバーに当てた戦略であって 結果はフランクの前で日記の該当ページを燃やす。 ダグは完全に復活して首席報道官に。 やったぁ~~~!!!おめでとう!!!ダグ。 セスに対しても余裕の言動で、惚れ直し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハウス・オブ・カード』 S3 #11

外交や大統領選挙で、ドロドロとした展開に 少々、ウンザリしてきている。 同じパターンが続くせいもあるし。 そんな中、唯一の希望なのがダグの復活の兆し。 何よりも、優しい兄貴に、グッと来ます(T_T) ダグ、良かったね・・とつい呟きそうになります。 一人っ子の私としては、マジでうらやまです(T_T) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハウス・オブ・カード』 S3 #4

シーズン3のオープニングタイトルのサントラが いい感じにメロディーに飾り付けされていて好き~(*^。^*) 元々大好きではあるんだけど、S3のは最後の方が アリアみたいなのを足してるのがドラマチック感 増し増しにしてる。 ダンバー長官に取り入るダグに、本当なのか?と。 本気なのか、それとも、フランクの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハウス・オブ・カード』 S3 #3

さて、3話ですが、いやはや、ペトロフ大統領もフランクと負けず劣らず ゲスなキャラで・・(^_^;) 参りましたねえ・・・。パーティーの席でクレアに強引にキスするし(^_^;) フランクに対して、クレアの事を『上玉』呼ばわり。 まぁ、そんな目で見るように仕向けた責任は完全にフランクにあるんだけどね(^_^;) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハウス・オブ・カード』 S3 #2

なんだ、かんだ言っても BBC版・元祖ドラマ同様に最強なのはクレアなんだなあと 改めて実感した今回のお話でしたねえ。 八方塞がり状態に陥って 頭抱えて机の陰で泣いているフランクの惨めな状態を見て クレアの取った、叱咤激励が・・・相変わらずだった(^_^;) でもって、そのカンフル剤の効き目抜群で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハウス・オブ・カード』 S3 #1

やっとイマジカさんにて放送が再開しました。 『ハウス・オブ・カード』はもうイマジカさんで取り扱ってくれないのかと なかば諦めていた所だったので、本当に待ち続けてて良かったです。 さて、一番驚いたのがダグの帰還でした。 てっきり、お亡くなりになったのかと思い込んでいたので(^_^;) 良かったね~、ダグ(^_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大統領就任キャンペーン?

イマジカさんにて、連日放送してた映画のラインナップが 興味深くて・・・。 それに見事に引っ掛かって 『大統領の執事の涙』と『エンド・オブ・ホワイトハウス』 の二本を見たのだけど トランプ大統領の事を絡めて見てみると 大変に面白いですねえ~~~(^_^)v こういう執事とやりとり、ちゃんと出来るの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 ガンズ&ゴールド 』

ユアン出演作を、久々に見ました~。 ユアンって、幾つになってもこういう役が出来るって いいなあ~とか思いながら見てました。 個人的には、こういうチンピラ風な役は、もう十分じゃないの?(^_^;) とかも思うのですけど、いつも正義の騎士役ばかりでも辛いのでしょう。 私は未だに、カンバックぅ~!オビ=ワン・ケノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋  』

まったくもうね~~~(^_^;) 今回も、見終わって溜息付きまくりでしたよ。 私の外国人認識能力の欠如、今回も思いっきり発揮していました(>_<) 私、SW7、4回見に行ったというのに ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック を認識できなかったのです。 エンドクレジットに『オスカー・アイザッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハノーバー・ストリート』

とっても久々、何十年ぶりかに見ました。 余りリピートする作品では無かったので 殆ど初見みたいな感じで、ハリソン・フォードが出てるしか覚えてなかったし。 だから、何が驚いたって 途中からクリストファー・プラマーが出てきたので 「うぇ!!!」と声出てしまいました(^_^;) ホントに覚えてなかった・・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ボーイ・ミーツ・ガール』と『北と南』

イマジカさんにて2本立てで見てます。 『ボーイ・ミーツ・ガール』の方は ありがちな男女が入れ替わってしまうコメディー。 でも、とっても良くできていて、上手いなあ~と感心してしまいます。 主役の女性、ベロニカを演じてる女優さんは 今まで色々な英国ドラマでお見掛けしてきたけど 私にとっては、彼女の顔を一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 第一容疑者 』 #5 #6

2時間、とても見応えがあって 日本の2時間ドラマと雲泥の差に、ため息出ますねえ(^_^;) 20年も前の作品だから 俳優さん達も若いし、時代背景が色々と現在と違っていて なかなか興味深いし、面白いです。 今までのエピソードにも、チョイ役でヴォルデモード卿こと レイフ・ファインズが出ていたのを見つけて嬉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 パフューム ある人殺しの物語 』

これは映画館で見ないで正解だったと思う(^_^;) とてもじゃないけど、暗い映画館の椅子の中で 落ち着いて見れなかったと容易に想像つくので。 近年見た映画の中で、これ程モゾモゾ感が強いと思ったのは なかったと思う。 まず、リアル過ぎる汚さに気持ちが付いていけない・・(^_^;) 設定が生理的にちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロン毛とコスチュームは正義

イマジカさんで放送中の 『ジェーン・オースティンに恋して』を楽しんで見てます(´▽`*) ヒロインが現代から『高慢と偏見』の本の世界にタイムスリップ?してしまうという 英国ドラマ好きの女性ファンにとって、心くすぐりまくりの設定が マジで羨ましい~(≧▽≦) 自分がこの世界の中の登場人物になったら・・だなんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国ドラマは安定のクオリティ

最近、毎話が楽しみなのが 『 刑事フォイル 』と『 セルフリッジ英国百貨店 』 特に、最初、辛気臭いドラマなのか?とか思っていた 『 刑事フォイル 』さま、ごめんなさい~m(__)m 確かにどちらかというと地味ではあるんだけど 余韻に、しみじみとしてしまうのに、毎回慣れて あと、自分の国の暗部、恥部共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年夏・公開

地元新聞に記事になってました。 時々、TVニュースでも扱われてたこともあったけれど 「来年夏」となれば、あと1年ですからね~、ふふ。 一人で盛り上がってます~(´▽`*) アフタヌーンティーを楽しめるだなんて、粋な計らいに 妄想が爆走しそうで、今からワクワクです~。 本当は、紅葉の頃行くのがいいのだろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フォーサイト家

英国ドラマらしいドラマを毎週楽しみに堪能しました。 1時間半を10話って、とっても贅沢ぅ~(≧▽≦) 突っ込みどころも数々あったり イライラする登場人物とかも多かったりしたのに 気が付くと、すっかり虜になってました。 エンドレスなストーリー展開に、辟易しつつも 最終話、ソームズが遂に自らを反省して …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『嵐が丘』

タイトルは知っていても中身を全然知らなかった『嵐が丘』 こんなにも激しい恋愛ストーリーだったのね。 『ガラスの仮面』でマヤが演じていたのがキャシーだった? 桜小路君がヒースクリフ? あれ?何か、全然イメージじゃないなぁ(^_^;) もう、忘却の彼方だ・・・。 とにかく、トム・ハーディのヒースクリフが強烈で!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 サウンド・オブ・ミュージック 』

名作中の名作だというのに、今の今まで、通しで見たことが無かった。 テレビで見たことはあっても、いつも途中からとか 部分部分とかで、だから今回真面目に見て驚くシーンが多かった。 見たことないシーンがこんなにも多かったのかと(^_^;) 多分、なんとかロードショーとかの枠だとノーカット放送なんか 無かったんだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 ジャガーノート 』

『 交渉人 真下正義 』の中で、確か真下のセリフに登場した この映画のタイトル。 ツタヤの掘り出し物作品一覧みたいな中にも タイトルがあったと記憶してるけど、今回やっと縁が巡ってきて 見ることが出来ました~(^_^)v 今から40年も前の作品で、登場人物皆さん若過ぎて 誰が誰だか、最初のうち判別できま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブライズヘッドふたたび』#9

チャールス、遂にジュリアと関係を持ってしまって・・。 船旅からロンドンに帰ってきたのに 奥さんを置き去りにして ジュリアとブライズヘッドへ。 そこのパーティーでは、二人の関係が衆知されてしまっていて 身の置き所が無い感じに。 バンドが演奏しているのが『エニシング・ゴーズ』と『ナイト・アンド・デイ』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『 ドリアン・グレイ 』

カスピアン王子こと、ベン・バーンズ版をやっと見ました。 ヘルムート・バーガーのと、だいぶ造りを変えていましたねえ。 バーンズ君の美貌は確かに絵になっていたのだけど 映画としてみると、うう~ん??? エロティックなシーンも、エロくない・・(^_^;) 人選を誤ったのでは・・・(>_<) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハウス・オブ・カード S2 # 13 』

遂に最終話、いやあ~~~~~ しびれましたねぇ~~~~~~。 遂に、フランクが大統領にまで登り詰めました!!! クレアがファーストレディーですよ! フランクが大統領執務室のデスクを『ゴンゴン!』と2回ノックする そのフランクのアップの形相が(≧▽≦) カメラがケヴィン・スペイシーに向かってアップに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ハウス・オブ・カード S2 # 11 』

いやぁ~~~~~~~~~。 くちアングリ・・・ってのは、マジこんなのを言うという状況に。 凄かったですね~(^_^;) 「ひぃいいいいいいいいい!」でした。 想像を絶する映像がTVに展開されて 私は、手で顔を覆いましたよ(^_^;) 見・・見たくなかった・・・。 何で、こうなるんだ??? こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more